資金繰りが苦しい時にはどうするか

企業が成長するために必要な資金繰りは倒産寸前でも役に立つ仕事です。

企業の経営が厳しい時には資金繰り表を作り、日毎に確認する作業も大事となりますが、業績がどこに向いているのかも把握しておく事が大切な事の一つとなっています。


企業の経営状態が厳しい状態の時には何に現金を消費しているのかを考えて理解しておかないと、融資を受けたとしてもまた同じ状態になった時に突破する事が難しくなります。

多角的な視点から資金繰り情報がリニューアルしました。

もちろん、頼み込んで銀行から融資を貰うなどの方法もありますが、次の策を考えていない状態で融資を受けても結果が同じになってしまう可能性もあります。
資金繰りを円滑に行うためには改善策を考える事であり、融資を受けて何をしたら改善出来るのかを考えないといけません。

すごく便利なAll Aboutに関するお役立ち情報コーナーです。

コストの削減は真っ先に行う事の一つですが、資金をやりくりするためには高いものから削除して行くのが決まりです。

月の支払いも翌々月にするなど変更を行う事が可能であれば、1ヶ月の猶予が出来るので最終的な判断が1月分伸びます。


お金にならないプライドは捨てるべきであり、これが資金繰りを上手に行うためのコツともなっています。

得意先に頭を下げたくないなどの意思は状況的に考えてはいけない事です。

しばらく動かないと思われる在庫を整理する事で現金に換金する事も可能です。
自分の持っている全てが高い価値のあるものだと言う事を理解し、換金出来るものは何でも換えてしまう事が大切な事です。